月の夜

自分でできること、って?

お互い、厄介なものですね。
先日来、肝臓の数値がどうにもこうにも下がらず

22日の定期健診の折には、ものすごいあがり方をしていて

・・・そういう血液検査の表を見て、生来のーてんきな私は、10項目悪くなっている中で
悪いなりにも数値が下がっているものが1項目だけあった、それだけで、まぁいいじゃーーーん♪とか

危機感無さすぎなんでしょうかね?
そんなふうに笑っていると母がどうしたらいいかわからないという表情をしますが。

肝臓の数値があがり始めて、下がらなくなって、主治医もなにがしかの対処はしたと思う
(そこが分かってないのは問題かもしれない・・・)
のですが、こうなるともうジリ貧で、余命は何ヶ月単位ですとかいわれて

でも何ヶ月かはいわれない

なんだこの状態

というのが水曜日まででした。


新しい薬は結構な負荷で、主治医の「どうでしたか?」の問いに初めて「辛かったです」と答えました。
薬を飲むごとに、横にならないと耐えられない、仕事に行くのもすこし大変、と。
そこに加えて、お盆前あたりからの食欲不振も相まって

相当に参っていたわけですけれども

「仕事が辛いようなら、休むことも考えてください」とか主治医は言うし
「休むのも手だよ、こんなに痩せちゃって」とか看護師は言うし

言いたい放題だな、と思ったらものすごく気持ちの奥のほうで腹が立ってきて
こんなにがんばってるのに勝手なこと言ってんじゃねーや、って
もともと怒ることがエネルギーになる、ことは確実にあった性質だったので

そんなことを言われて帰ってきた午後4時、焼きそばの一人前ペロリと平らげました。



負けてたまるか。


新しい薬は、内容をすこし変えてもらって、食欲も「出るかもしれない」という薬も入れてもらって
(ならそういうの早く対処してくれたらいいのに一月半もへろへろしてたんだから)




で。
自分でできること

いままで民間療法とかそういうの、あんまりかんがえてなかったんですが
習っているアルパの先生のご主人が昨夏腎臓癌で手術をされて、
そのご主人が「天然発酵野草酵素」というのを飲んでいてすごく元気よ?と教えてくださって、
同僚の保健師さんも玄米酵素というのを食べてる、というのを聞いて(この人もとても元気な人で)

だめもとでもって飲み始めたところ、案外元気が出たもので、これはもしかしたらいいかもしれない、と
続けてみることにしました。



主治医を信じないわけではないですが
自分でもなにかできるならしてみようと
いまさらながら思ったりしているところです。

9月の3連休は、だるくてだるくて3日間ずっとごろごろと寝て過ごしていましたが
23日からは
しゃんとしています。



嵐コンは
チケット申込みの時点で一箇所のみ(希望は4箇所まで書けますが)
すべて落選し、先日振込金の返金通知が届きました。
人気、というか、この状況の中、高騰するオークションのようなのに手を出す気にはなれず
(誰が儲けてるかわからないし)
他の人の幸運に乗っかるような人脈も無く(笑)
行かれないことには納得、している(つもり)

ですが

一度でもその場に居ることができたのに「チケとれないよね」とか言う
どこまで幸運なんだ?ってハナシを聞くと

他で苦しんでいる人間には目の毒だわねぇ、なんて思ったりしてしまうのです。

十数公演、大きな会場、それでもなかなか、選んでもらえないものです。

で、

高いチケットにお金かけるくらいなら医療費だなぁ、とかいう現実もあったりなんかして(爆笑)
(新しい薬が3週間1セットで、自己負担7万円ぐらい…さすがに目玉落ちそうでした)


それでも、まだまだ負けたくないし生きていたいし
病院で簡単に「休んだら」って言われた職場は、そんな休んだら絶対もったいないもん!っていうくらい
優しい人たちの居る場所でここにいたほうが力もらえそう、って思うし



いっぱいはがんばれないかもしれないけど
ゆっくりとがんばっていきたいと思う今日この頃です。
[PR]
# by akanepluto | 2010-09-24 10:01 | 病気のこと

握りこぶし。

ちょっと後ろ向きなこと、書くつもりで、久しぶりにここに来ました。

書き始める前にコメント読ませていただきました。



元気でました^^



一月ぐらい、体調悪くて、夏バテだったりも相俟ってぐらぐらしてました。
8月の最初にハーセプチンの3回目の点滴をしたら、
2回目からひと月の間隔があいてしまったせいか、寒気がして
チアノーゼ(と看護師さんが言っていた)ですっごい顔色してたらしく
一晩病院に強制収監されたりしました。

肝臓の影は結局転移ということになり
今はそっちを重点に抑え込める薬を探している・・・というか

ハーセプチンがダメになったから、ちょっともうジリ貧、て主治医も言ってたんだけど
最近認可されたらしい薬を、先週くらいから飲み始めて
(これが結構いろいろ辛かったりもするんだけど、悪心とか)


それでも、まだまだ諦めるときじゃないんだなーーって



さっきまですっごく後ろ向きで
なんでこんな思いしてんのにうまくいかないんだとか
せめて嵐のコン、一本でいいから見たかったなぁとか
どんどん訳のわからない落ち込み方をしてたんだけど

まだ大丈夫。


異動した職場は、国民健康保険に関するお仕事で
その関係で、同じような病気の方に出合ったり、
同じ病院で同じところに通っている方とお話をしたり、という機会があって
先日そんな方に
「でも、勤めに出てこられてるんだからまだ大丈夫だよ?」って
ものすごく静かな言葉で励まされて

ほんとうならこっちが励ます言葉を掛けられなきゃいけない、っておもってたのに
すごく感動したりしてました。


まだまだー!!




夜、寝る前に、「ありがとう」って繰り返し書くような日記を書き始めました。嬉しかったことだけを拾いながら。
[PR]
# by akanepluto | 2010-09-07 08:58 | 病気のこと

なんというか・・・

けっこうへこんだいろいろ。

退職した後任者の、退職の理由は横領。
後任者として話をするまで、面識はなかったけれども知らない相手でもなかったので驚いたし・・・、
私のように身軽(家庭というものがない・母と二人)ではなく家庭もあって子どももいて、というひとの
そういう状態ってちょっと想像を絶するものがあるわけで…

加えて同じ時期に、友人の発した一言が、私に向けられているのか居ないのかわからないけれど
とってもとってもぐっさりと刺さる一言だったことが追い風になるかのように
悪い方向悪い方向に考えてしまう時期があって…それを振り切ったときに気づいた
自分の「考えるべきこと」のありどころというか・・・


いかに自分の悩みが今シンプルであるかということ。


病気に負けないこと、それこそが、の最大目標。


…職場の難しいいろいろがなくなったおかげでこの上なくシンプルな目標に向かえるようになりました。
同僚が優しい。
物事の捉え方やらいろいろは確かに独特なものがある…専門職、な方たちだから・・・けれど
言葉のひとつひとつのでてくる根っこが【優しい】と感じる。

「仕事に行くこと」が「億劫」で「いやなこと」だったのが「楽しみ」であったりする。


・・・問題は、仕事量が・・・・・・・・・

日々「なにをするか」を探すのがとても大変だったりするのだ。(大きな声では言えないが・・・^^;)






6月2回目の点滴のスパンが一週間長くなって(主治医が学会)
やだなーやだなーーーって思ってたら
そんな気持ちが引き金になったかなんなのか
ちょうど2週目の本来の点滴の日から、体中が痛くなった
そればかりか、じんましんのようなものが左の太ももと左の腕の内側だけにできたり
挙句37.8度という熱が出たりとなんだかほんとうに訳わからない。

昨日やっとその点滴をしてもらいながら
発疹のこととか痛みのこととか話してきたんだけど
痛みは今日は治まっていてやっぱり点滴延びた所為?(げーーだ)
[PR]
# by akanepluto | 2010-07-01 14:47 | 日記

おちつけない。

非常事態は、想像していたものとは違うところへ展開していて
想像を超える状況へ落ちています。

要するに・・・というか…なんというか
4月最初に引き継いだのですがその後任者がいろんな事情で退職してしまい

もう一度最初から引き継ぎをしなきゃいけないのだけれども


4月の1ヶ月間の業務が全く正常化せず


変わりの引継ぎ相手も決まらず


頼まれてフォローに行っても「来てもらっても間に合わないからしょうがない」まで言われ(!)


その割には私の手を離れた事柄まで「間違ってるけど?」って言われて夜10時近くに自宅に電話が入ったり
(それはシステムの仕様に関わるから私の守備範囲外ですって)



事務が正常に動いてること前提で、5月に「一緒にやりましょう」ってことになっていた
最後の(はずだった)引継ぎ事項も結局一人でやる羽目になったし



思い出してみたら研修すら行かせてもらえてないシステムの動作関係のことを
「わかるでしょ?」って決め付けられてた当時を思い出して泣きたくなりましたが…



「悪いね」って言いながら「意味がない」とかぞんざいな扱われ方をする前職場に対して
どういうスタンスで関わればいいのか見当がつかず悩むストレスフルな日々です。
基本お気楽な自分もちょっと参ってる…
原因は結局のところさんざんいじめられたお局さまだってことだけは変わらないんですけども。

ま、がんばっていくしかないですね。なにをがんばればいいのかよくわかんないですけどね。



そのこと以外は、
現在の職場はとても居心地がいいし仕事の内容もおもしろいし
治療の関係は、一旦は悪くなってしまっていたいろいろな数値も
まだ経過みている状況だけど下がってきてるからまだまだ悲観することはない
(というかまだまだ平気!!)

全部が全部大丈夫オールオッケー!なんてことは難しいのですねぇ・・・。
でもまぁ気分的に半々ぐらいならよしとするべきかなー。と。
そんなこんなで毎日がんばっています。




コメント、承認制にしました。きちんと管理しましょうってことです。ほっぽりにはできません。
体調もわるくないのでできるだろうな、と。
当面このスタイルでいこうと思っています。
[PR]
# by akanepluto | 2010-05-20 09:04 | 日記

非常事態宣言。

今日はこれからお医者です。
前回からハーセプチンとナベルビン併用の点滴にかわり今日で2回目、
肝臓の数値がすこしでも変わっててくれると嬉しいなぁ、と思っているところです。

ただ、今日はひとつ大きな仕事があり、
自分は直接今日のところは担当していないとはいえ
同じチームのほかの二人が現地へ出てしまっていて、戻りが1時ぎりぎり。
そこまで待って病院へ行くのでちょっと遅くなってしまいそう、焦っています。

…診察の予約時間には確実に間に合うけど、
その前に採血して検査だからちょっと余裕ないかも。と。


でもそれ、やっぱり同じチームとして果たさなきゃいけないことだと思うし。
そのくらいの無理はしなきゃいけないと思うし。



・・・引継ぎの後任者が壊れてしまったらしいです。
当面、どっちも掛け持ちのような仕事になりそうです。

私が病気だってことわかってるよね?ってちょっと言いたくなるけど休んだもの勝ちですか。しかたない。

数日前から、説明して一度はできてたはずの仕事のその後が
全くできていないことに愕然とはしていたのですけれど、
引継ぎ期間過ぎてなおかつ時間外に寄って一緒にやりながら3歩進んだつもりが
続きをするために寄ったら振り出しに戻ってたみたいなことが繰り返し
結局思うように引継ぎがすすまず1ヶ月


4月以降のことがほとんどできていないのを立て直すのに
私は今の職場を開けなきゃいけないという、なんだか…

今の上司と同僚にどんな顔して接していればいいんだか…


ついさっきそのこと課長から言われて、手伝いに来てくれと頼まれたと、
さしあたり2日向こうへ行くのを、同じチームのひとには快く了承してもらえたけど
肩身狭いよそりゃ。


困ったな。






ええと

スパムコメント、気をつけてはいるんですがなかなかここにアクセスできずにいて
他のブログサービスみたいに認証機能とかつかないかなぁそれ以外は1番使いやすいのになエキサイト。



なにやら文体がぐちゃぐちゃです。
あまりのことにアタマの中が整理ついてなくて全く・・・



いつもありがとうございます。
転職同様、というのも穏やかじゃないですね。
私は今までのところよりもはるかに制度とか法とか制限が多く直接的な事柄が増えて
組織の内側を見ていればよかった前職場にくらべて気を配ることが増えたのですが
人間関係はいまのところとても優しい人たちに囲まれていてそのストレスがないことが大きな救いです。
前職場では人から受けるストレスでおかしくなっていた時期もあったので。
どうかまずは体第一で・・・お互いに、ですね。
[PR]
# by akanepluto | 2010-05-12 12:50 | 日記

職場変わりました。

こういう仕事しているとつき物の人事異動、体調のこともあるし異動希望していなかったんですが
上司もそのつもりだったようなんですが
異動しました。

たぶん、今度の職場のほうが仕事は穏やかなので、体には楽だと思います。
が。

現状はそうは行きません。
今度のほうが楽、ということは、いままでのほうが相当大変、ということで
相当大変なことを1週間やそこらの引継ぎでこなせというほうが無理だというなか、
5人いたチームのうち、異動しなかったのが一人という、ほぼ総とっかえという

人事担当ばかじゃねぇの?

っていう異動でした。

そのため、


新しい抗がん剤を入れて、最初のショックがあったらいけないから
おうちで休んでてくださいねー、って主治医に言われたその足で前職場へ15時ごろに行き、
普段残業なんてしなかったのに19時過ぎまで仕事してました。

ショック症状もアレルギーも発熱もなかったからよかったようなものの
主治医にばれたらしかられるな、とちょっと焦りました。


それでもやらなきゃいけないんだろうね。仕方ないね。
もう知らない、って逃げたら、私が非難されるんだもんなあ。
たとえこんな病気でも、だ。



さて。
気にかけてくださっていてほんとうにありがとうございます。
肝臓と骨は結局のところ転移だという結論になり、
転移と認められる種類には効果があるだろうという薬剤があり
そのお薬の点滴が、昨日から始まりました。
肝臓の数値があがったのはお酒のせいとかいろいろ気を回したりもしたけど結局そういうこと。

ならいいや。

ま、細く長くって感じでしょうか。
そのときそのとき、いいと思われることを主治医が考えてくれているし。

疼痛緩和ケアもはじまりました。といっても飲み薬の1番弱いもので
眠気が恐ろしく強かったので数日間焦りましたけど
しかもそれが異動発令された時期でしたので引継書もまともに作れない状態でしたけど
(車の運転も必死で正気保たないと寝てしまいそうなくらいでほんとうに恐ろしかったんですけど)

その緩和ケアの関係もあって、とっても今は楽に日々すごしています。

現在の状況は
痛み止めにロキソニンとオキシコンチン、
抗がん剤はナベルビンとハーセプチン、あと骨のほうのゾメタを点滴してる
そういう形です。
もし乳がんの関係で検索かけてたどり着いてくださった人がいたら
こういう薬をつかっていて、現状ほぼ副作用なく元気でいますよ、ということを
ひとつのなんていうの?こんな人がいるよ的な資料にしていただければと
思ったりしてます。
[PR]
# by akanepluto | 2010-04-08 12:51 | 日記

いいようなわるいような

ご無沙汰しております。元気です。

1月あたまの点滴の折、肝機能の数値が跳ね上がってしまったので
抗がん剤の点滴を休んで様子を見ましょう、ということになりました。

その間、体調が相当悪かったりして、寒さのせいもあったかと思うのですが
とにかくダメなひとな時期でした。

先日、PET検査をして、昨日その結果を聞いてきたのですが
肝臓のはやっぱり転移の疑いが濃く、
いろいろなところが憎悪傾向ということでした。

そりゃそうだなぁ異常に骨とか痛かったもんなぁ…。


まぁでも骨転移は最初から言われてたことなのでいいんですが
肝臓のはちょっとショックでした。

ショックだったんですが



なんだろうねぇ、何食べても美味しいし、

とりたてて今すぐに何かをしなきゃいけないようでもないし

当面今の薬を続けてくと言うことなので
凹むことでもないかなぁ、って。


元来の能天気ってことなんでしょうかねぇ・・・
落ち込んでいる自分の気持ちが耐えられないのでそのことを考えるのをやめると言うか


いけないのかもしれないけど

がんばれなくなるならバカでいようかなーーーなんてね。


とはいえ、元気です。今日はすごく調子がいい。
昨日の点滴の影響だと思うんだけど、こういうことならいいや。
がんばっていきます。うん。
[PR]
# by akanepluto | 2010-03-11 17:17 | 病気のこと

あけましておめでとうございます。

年も改まりました。

すっかり日常の延長ではありましたが、年取りと新年の挨拶とか
おせち作ったりとか程度のイベントはしてました。

が。

天皇誕生日のあたりから熱が、出たり下がったりの繰り返しで咳が取れず
要するに寝正月ってやつでした。

30日に納め(?)の点滴に行った折、インフルの検査もしてもらったんですが陰性、
でももう1週間もたってれば菌もでないよ、って言われたから

やっぱりインフルだったのかしら…えー。


咳止めシロップをもらったのでそれで咳を抑えてたら
大分らくになり、熱もようやっと落ち着いてきました。
今朝は37度。

38.7度とかでたときは相当びっくりしたよ・・・。



痛み止めのロキソニンがどうやら熱も下げてたみたいで

ほんとにいいんだか悪いんだかよく分かりませんが


なんか今は元気です。

がんがん仕事してます。

バカな同僚の発言にいらいらしながら。


風邪を引いた以外は、体調は変わらず
いますこぉしだけ痛みが来てるけど、痛み止めは飲まずにいられるからまだ大丈夫みたい。

そんなことで、今年も一年よろしくお願いいたします。
[PR]
# by akanepluto | 2010-01-05 15:19 | 日記

元気です。

取り急ぎ。

元気です。ぜんっぜん元気です。

でも薬変わりました。

元気ですけど、痛み止めが手放せなくなりました。まだ数は規定量よりもずいぶん少ないですけども。


今の痛み止めが効かなくなったら麻薬系の薬だって
Drにちょっと脅かされてます。


そんな感じです。
ちゃんと日常です。相変わらずです。


ご無沙汰していてごめんなさい。

腫瘍マーカーの数値が上がり始めたこと、薬変わること、骨転移の痛みがきつくなったこと
時期を同じくして、また職場の同僚のいじめのような態度にへこたれていたこと

ちゃんと日常だったのに、気持ちだけが布団かぶって泣いてる感じでした。

ちょうど手術の前ごろの、なにもかもが無気力になった感覚に近いです。
無気力なくせに外には牙むいてる痩せた手負いの猫みたい、ってのは言い過ぎですが。




新しい薬は、いままでのそれよりも副作用が少なく、悩まされていた関節痛は解消したのですが
便秘がきつくなるのと末梢神経の痺れがひどくなりました。
腫瘍マーカーがどうなったのかは検査していないので(3ヶ月ごとぐらい)わからないです。


なんていうか
マイナスな感じばかりになってしまうけど


状況のわりには気持ちは充実しているし大丈夫・・・なはず。


寒くなってきて、いろいろ不都合のでる時期になってしまいました。
でもきっと、春になるころには改善してるはず。







心配かけてごめんなさい。
心配してくださってありがとうございます。

ありがとうございます。
[PR]
# by akanepluto | 2009-12-14 09:47 | 日記

午後から点滴。

ご無沙汰です。
他所でぐだぐだとしていたら、まじめな文章・・・もとい長い文章を書くことがなかなかできなくなっています。

…短くてもダメだけど(こらこら)

一時期、毎日のようにネタと読んでいた短い小説(ともいえないが)をWebにあげていたのが
いまでは信じられない…。



さて。

今日の午後はまた点滴です。
隔週というのは、結構忙しい感じではありますが
病院が自宅から車で10分程度、また職場からは自宅までの途中、という、恵まれた環境にあるので
隔週であることがある種の区切りというか目安になっていて
めりはりもついていいのかな、という気もしています。

こんなことがないと漫然と…いやグータラとしてしまう、そんな人間なのですな、きっと。


ときどき、
肩が痛かったり、股関節が痛かったりします。点滴すれば消える痛みなのでまぁいいです。
最近は冷房で痛みが増してしまうことがあるので
その辺もちゃんと養生できるようになってきました。

パクリタキセルは、手術前の投与量に比べてはるかに少なくなっているので
前は綺麗に抜けてしまった頭髪が、投薬中であってもずいぶん生え揃ってきたのでストレスがなくなりました

まだカツラはとれないし、暑いし蒸れるしヤなんだけどそれでも
ちょんちょんとした髪をさわってニヤニヤする日々です(笑)


仕事の折り合いもだいぶついてきた。
お局さまは相変わらずだけど、すこしだけこっちが、受け止めるのに余裕ができてきた…気がする。
すごぉくヤだけど…でもなんとかできてる。



今週末は嵐の国立コン。雨が降らなければいいな。ちょっと距離歩くからそこらへん対応もちゃんとしないと。



ニヤニヤしてどきどきして、笑って泣いて怒って反省して

毎日を過ごしてああまた朝が来た、おはようって言える、そんなふうに思って





でもぐずぐずしたりして(爆笑)


さあまた点滴。待合長いのは仕方ないからマンガと小説がお供。
点滴中はお昼寝時間。


楽しむのとは違うけどこれが私の時間。




…それまでまた仕事がんばりましょうかね(笑)
[PR]
# by akanepluto | 2009-08-26 10:30 | 病気のこと



嵐好き さとあい寄りです。mixiはじめました(遅)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
人気blogランキング
1クリック ぷりーず♪


MYリンク☆by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

別館ブログ(音楽関係)はこちら
☆ ★ moonglows ★ ☆

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

カテゴリ
ブログパーツ
最新のトラックバック
ドリーム アゲイン
from ドリームアゲイン 最新情報
山田太郎ものがたり
from 山田太郎ものがたり
多治見麻子関連 最新トピック
from 女子バレーボール 多治見麻子..
加藤登紀子 ~野ばらの夢..
from P l e a s a n ..
マチベン
from マチベン
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧