月の夜

嵐と。

カテゴリ分けすごく困るネタになりそう^^;

嵐のドームコン(7日)に行ってきました。
夏コン「Time」の追加になるわけですが、この「Time」を地元で見たのが8月5日、手術からちょうど1ヶ月後のことでした。

それから約2ヶ月。その間、仕事に復帰して(イジメられて)、かばってなんかいられないからわりと普通に行動していたりした、ってのはあるんだけど

セットの中に最新アルバムの中の「Wave」という曲があって、タイトルにちなんで客席とウェーブをすることがあって、8月のときは右腕に遅れをとる左腕・・・つまり前に90度ぐらいしか上がらない左腕に、ちょっとがっかりしていたんですが

今回普通にあがる左腕に、我が事ながら感動したりしてました。

書きたいことはいろいろあるんだけど

智担だといまでも思ってるしこれは変わらないと思うんだけど、嵐になる前のもともと、相葉雅紀が好きだったという原点を持つ私は、今回のコンでもやっぱり雅紀の笑顔にものごっつい力をもらって帰ってきた気がします。


まぁ、雅紀だけに限ったことじゃなくて


今回の席の位置的なもので、主ステージから客席の半分ぐらいを、いい感じに眺め渡すことができて、妙にその客席・・・特にスタンドを、ライブ後半に眺めていることが多くて。


ペンライトがきらきらとスタンドを飾っていて、それがものすごく綺麗で
なんでか泣きたいくらいに綺麗で。



先週の金曜日にちょっとWebで調べていたものがあって、その中で、がんの5年生存率、というのを見たんです。ステージIVの乳がん・・・これが私の現実なんですが、ステージIVは30%に満たないのです。
その30%足らずの中に入る気持ちは満々なんですが、現実は現実。まして自分である程度の自覚をしながら見過ごしていたというマイナスを持ってのこの現実。

いまだに、全然負ける気持ちはないのだけれど

知っておかなければいけない、確かめなきゃいけない現実があるわけです。

5年後を。
5年が過ぎたら7年後を。
新しい薬や技術を待ちながら、がんとそうやって付き合っていくものだと思っています。

そのための糧に、あの「きらきらしたスタンドの光景」がなってくれるだろうと、思いました。



嵐の5人の笑顔とか、存在とか、そういうものとともに

またこの空間で、この「きらきら」を見るんだ、って、そう思った。見続けていくんだって。



ここに来てラルクはまたリリースラッシュやってくれてるし



今日は合唱コンクールの高校の部で、とっても素敵な「星屑の街」を聞くことができたし
ここにも綺麗な気持ちの5人がいるなぁ、って泣きそうになって





あーもう絶対まけてらんねぇじゃん!!
[PR]
by akanepluto | 2007-10-08 22:24 | 病気のこと
<< 判断基準を教わってないんだわ 5回目か。 >>



嵐好き さとあい寄りです。mixiはじめました(遅)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
人気blogランキング
1クリック ぷりーず♪


MYリンク☆by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

別館ブログ(音楽関係)はこちら
☆ ★ moonglows ★ ☆

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

カテゴリ
ブログパーツ
最新のトラックバック
ドリーム アゲイン
from ドリームアゲイン 最新情報
山田太郎ものがたり
from 山田太郎ものがたり
多治見麻子関連 最新トピック
from 女子バレーボール 多治見麻子..
加藤登紀子 ~野ばらの夢..
from P l e a s a n ..
マチベン
from マチベン
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧